ニキビ クレーター 予防

クレーターを改善するのは大変!クレーターにならないようにするにはどうしたらいい?

みかん肌 予防

ニキビができたとき、ニキビが治っても跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡は色素沈着を起こしたり、クレーターになったりと何かと厄介なものです。特に月面のようなクレーターになってしまうと、元のきれいな状態の肌に戻すのは非常に困難だと言わざるをえません。クレーターのようなデコボコとした肌は、ニキビ跡の中でももっとも重症化したものだからです。
クレーターは、ニキビ跡がひどくなったものです。ニキビができたからといって、必ずしもクレーターになるわけではありません。改善するのが大変なら、クレーターにならないようにニキビをケアすればいいのです。では、クレーターにならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

 

【クレーターを作らないようにするために何ができる?】

 

クレーターは、ニキビ跡のもっともひどい重症化した状態です。クレーターの深さが真皮にまで到達してしまっていると、個人のケアで完璧にきれいな状態に戻すことはほぼ不可能です。なぜなら、真皮はターンオーバーをしないからです。皮膚の表面は日々ターンオーバーを繰り返していますので、ターンオーバーを促進することできれいに戻っていきます。
さて、ニキビができやすい人とできにくい人がいるように、たとえニキビができてもきれいに治る人と、クレーターになってしまう人とがいるのです。

 

ニキビがクレーターになりやすい人の特徴5つ

 

ではまず、ニキビができたときにクレーターになりやすい人の特徴を5つご紹介します。あなたはいくつ当てはまるでしょうか。

 

・ニキビが赤く炎症を起こしやすい人
・皮膚に厚みがある人
・新陳代謝が悪い人
・ニキビ菌に対してアレルギー反応が起こる人
・ニキビを潰すくせのある人

 

クレーターというのは、ニキビが炎症を起こしたとき、異常なコラーゲンが作られることから始まります。傷を治すためにはコラーゲンが作られ、それによって瘢痕組織が作られます。瘢痕組織というのは、普通のケガを治すときにも作られるものなので、特別なものではありません。瘢痕組織そのものが悪者ということではないのです。そこは勘違いしないでくださいね。
ニキビの炎症が毛穴周辺にまで広がってしまうと、そのダメージが残ってクレーターとなります。
ニキビができるときに赤く炎症を起こしやすい人、もしくは常に炎症を起こすという人は、クレーターになる素質を存分に兼ね備えています。要注意ですよ。普段から皮膚がごわついていて厚みがあるような人も、コラーゲンを生成する能力が高いため瘢痕組織が広がりやすいといえます。皮膚の表面に症状として出やすいという特徴もあります。
新陳代謝が悪いとターンオーバーが遅くなりますから、ニキビ跡がいつまでも肌の表面に残ることになります。ニキビ跡がすぐにクレーターになるわけではありません。ニキビ跡がいつまでも肌に残っており、紫外線によって色素沈着を起こすなど症状が悪化していくと、徐々にクレーターになっていくのです。ターンオーバーを促して肌の生まれ変わりを促進してあげれば、クレーターになる前に防ぐことができるでしょう。
そして、もっとも重大なのが「ニキビを潰すくせがある」人です。ニキビができると非常に目立つ上痛みもあるので、つい潰して中の膿を出してしまうという人もいますよね。これは、クレーターへの第一歩ともいえる行為です。絶対にやめましょう。ニキビを潰すと、十中八九周辺の毛穴組織を破壊します。ニキビがあるのが嫌な気持ちは分かりますが、ニキビがあるのはせいぜい1週間くらいのものです。炎症を抑える薬を塗るなど地道なケアをして、ニキビは絶対に潰さないようにしてください。

 

ピーリングをして保湿を怠らない!

 

先ほど、クレーターになりやすい人は肌に厚みがある人だという話をしました。肌に厚みがあるというのは、肌の表面に古い角質がたまっているということでもあります。ニキビ跡が悪化してクレーターになるわけですから、ターンオーバーを促進して、ニキビ跡をクレーターになる前にきれいにしてしまいましょう!角質がたまっていると肌がごわつき、くすんで疲れて見えるなどのデメリットもあります。これらを改善するためには、ピーリングがおすすめです。天然素材のフルーツ酸を使ったピーリングなら肌への刺激も少なく、ドラッグストアなどでも購入することができます。古い角質を落とすと、化粧水などの成分も肌の奥にまで浸透していくようになりますよ。ピーリングは月に2回までを目安にし、積極的にターンオーバーの促進に励んでいきましょう。
ピーリングをしたあとは、保湿を怠ってはいけません。スキンケアでは普段から保湿を重視して行わなければならないのですが、ピーリングのあとは特に念入りに行います。ブースターなどで肌を柔らかくして、化粧水の有効成分を届けやすくすることもおすすめですよ。「リプロスキン」という化粧水を知っていますか?リプロスキンは、導入型柔軟化粧水のことで、肌を柔らかくして肌の再生力を高めることができると言われています。ニキビやクレーターの改善効果もとても高いと、口コミでも人気の商品です。リプロスキンはブースターとしての役目を果たすものなので、そのあとに化粧水などで保湿をするのを忘れないでください。リプロスキンだけでも保湿能力は高めではありますが、より高い効果を得るためにはお手持ちの化粧水と合わせて使ってくださいね。

 

・まとめ

 

クレーター肌は、一度できてしまうと改善するのはとても大変なことです。もちろん時間もかかりますし、場合によってはレーザー治療などが必要になることもあります。そうなると、当然お金もたくさんかかることになりますよね。
クレーターは、自分のケアやちょっとした心遣いで、事前に防ぐことが可能です。ニキビを潰したり、不規則な生活をしている人は今すぐその行為を改めましょう。
クレーターになってから地道なケアを続けますか?それとも、クレーターにならないよう、今からできることを行いますか?
どちらを選ぶかはあなた次第です。クレーターにならないようにするためには、特別なことは必要ないのです。ここでお話ししたような簡単なことばかりなんですよ。ぜひ今日から実践していってください。まずはターンオーバーの促進にもつながる、新陳代謝を高めることから始めてみませんか?