ニキビ クレーター スキンケア 自宅

クレーター肌の自宅でできるケアとは?

みかん肌 自宅

ニキビが目立つのが嫌で、つい潰してしまっていたという人は意外と多いものです。誰でも一度くらいは、ニキビを潰したことがあるでしょう。潰してしまったニキビが跡にならず、きれいに治ったのならいいですが、ニキビを潰すと高確率で「跡」が残ってしまいます。
そのニキビ跡が薄いものなら、わりと簡単にきれいに治すことができます。しかし、ニキビ跡が「クレーター」になってしまったとしたら…どうでしょう。クレーター肌は、そう簡単に改善することはできません。元に戻すのは、かなり時間がかかると思っていてください。ここでは、そんな目立つクレーターを改善するための自宅で行えるケアについてお話ししていきます。

 

【ホームピーリングでターンオーバーを促す】

 

ふつう、私たちの肌はだいたい28日周期で新しいきれいなものへと生まれ変わっています。これを肌のターンオーバーといいます。何かしらの肌トラブルがある人は、ターンオーバーが乱れていることが多いのです。クレーター肌がなかなかきれいにならないのも、ターンオーバーが乱れているせいかもしれません。ターンオーバーを促進することで、クレーター肌の改善をより高めることができるでしょう。
ここでは、「自宅で」「自分で」行えるケアに限定してお話を進めていきたいと思っています。まずはっきり言いますが、クレーターの改善に即効性のあるものはありません。「本当に効果があるの?」と半信半疑になってしまうほど、なかなか効果を実感できないことも多いでしょう。しかし諦めずに続けていくことが大切です。ここで紹介するのは、「ホームピーリング」の方法です。

 

ピーリングとは古い角質を除去すること

 

ピーリングという美容法を聞いたことがありますか?ピーリングはシミの改善やくすみの改善に用いられる方法の1つで、ピーリングには「皮を剥がす」という意味があります。お肌の表面の皮を一枚剥がすということです。こう表現すると、なんだか怖いですね。もちろん、顔の皮を一枚ベロンと剥がすわけではありませんので安心してください。
ピーリングの効果としては、古い角質を除去するというものがあります。お肌のくすみやごわつきといったトラブルは、本来ならばターンオーバーによって剥がれ落ちるはずの角質が、いつまでも派だの表面に残っているために起こります。角質の主な成分はタンパク質ですが、角質はふつうの洗顔で落とすことはできません。そのため、ピーリングという方法が用いられるわけです。
天然由来の成分や化学薬品などを用いて、肌の角質を除去することがピーリングです。手軽に購入できるものとしては、石鹸や化粧水、クリームなどがあります。ドラッグストアなどで売られているものもありますよ。
ホームピーリングのメリットは、費用が安くすむこと、肌への負担が比較的少ないことなどがあげられます。一方デメリットには、成分が弱めなので効果が出にくいこと、使用頻度を守らないと肌が傷つくこと、などがあります。ホームピーリングはやり方や使用頻度を守れば、肌がワントーン明るくなるのを実感できるはずです。

 

ホームピーリングの効果的なやり方や使用頻度について

 

では、ホームピーリングのやり方や使用頻度について説明していきましょう。ホームピーリングを行うためには、ピーリング剤を用意する必要があります。先ほどお話ししたような、ドラッグストアで売られているものでもかまいませんし、手作りのものでもかまいません。
ピーリングをする前に、クレンジングと洗顔をすませておきます。お肌が汚れていると思うような効果を得ることができませんから、必ずすっぴんの状態でおこなってください。そして、ピーリング剤をお肌にのせ、くるくると優しくマッサージするように撫でていきます。決してゴシゴシとこすらないでくださいね。消ゴムカスのようなものが出てきたら、それが角質です。
あまり長い間ピーリングをしているのもお肌によくありませんから、5分くらいを目安にぬるま湯で流しましょう。クレーターの気になるところは、他の場所よりも念入りにピーリングしてくださいね。万が一、ピーリングをしているときにピリピリする痛みやかゆみなどが出てきたら、すぐに洗い流してください。
ピーリングをおこなうと、肌のくすみが取れて肌が明るくなったのを実感できると思います。ただ、明るさは実感できても「クレーターの改善」はおそらく実感することはできないと思います。最初にお話しした通り、クレーターはすぐに改善することはありません。

 

さて、続いて使用頻度についてです。ピーリングをすると肌が明るくなるだけでなく、つるつるでさっぱりとします。この感覚は病み付きになりますが、ピーリングの頻度は多くても月2回までにしましょう。ピーリングは言い方を変えれば、古い角質を無理やり剥がしているのです。つまり、肌への負担は相当なものだと思っていてください。頻繁にやったからクレーターが早く改善するということはなく、むしろ肌を傷つけて余計に治りを遅くすることにもなりかねません。

 

ピーリング後のケアが大切!

 

ピーリングをしたらそれで終了、ではありません。クレーターを改善していくためには、ピーリング後のケアというのがとても重要なのです。今までは古い角質が邪魔をして、化粧水などの成分が思うように浸透していきませんでした。しかしピーリングをして邪魔な角質がなくなった今、化粧水の浸透率はものすごく良くなっています。クレーター肌を改善するためには、しっかりと保湿をすることは欠かせません。ピーリングを行った日は、いつもより念入りにお手入れをしてあげてください。化粧水や美容液の有効成分がぐんぐん浸透していくことで、よりクレーターの改善に近づくことができるでしょう。

 

・まとめ

 

ホームピーリングは、自宅で手軽に行えるクレーター改善方法です。クエン酸と精製水を混ぜて手作りのクエン酸水を作ったり、ヨーグルトの上澄み(乳清)を使うことでもピーリングはできます。自分の肌に合う方法で行うことがなによりも大切なことですので、ぜひ自分に合った方法を探してみてください。
ピーリング後はしっかりと保湿をすることも忘れずに。月に一度(または二度)のホームピーリングで、クレーター肌を改善していきましょう!